機械部品製造・超硬合金加工・カム加工・樹脂加工の専門会社/林精工

林精工

メールでのお問い合わせ

創業者紹介

HOME > 創業者紹介

創業者紹介

林精工はこの男の情熱によって生まれ、ともに育った。

林精工創業者 中林久幸

林精工創業者
中林 久幸
(1949–2005)

昭和24年(1949年)創業者である中林久幸は島根県大原郡加茂町大字大竹(現在は島根県雲南市加茂町大竹)に誕生しました。学校卒業後某企業で設計の師に付き学んだ後、県内の企業に入社しその後、マツダでの研修を経て、工場を任されることになりました。工場はまかされても最後の決断はさせてもらえず、多くの悩みもあったそうです。若くして多くのチャレンジをさせてもらったことを感謝し、自分の思いを実現するには、会社を作って世の中に貢献することを自分への使命と考え、昭和58年3月に現在の林精工を設立創業しました。

不況の厳しい時代に少しの自信と大きな夢だけもって会社設立にいたりましたが、創業2年目の12月に得意先であった県外企業が倒産、多額な不渡手形が発生し、回収不能という苦い経験をしました。この時は会社の存続が大変厳しい状況になり、このような状況の中、これまでの感謝の気持ちを倒産企業様に伝えるため、陣中見舞とし酒箱を抱えて相手方に出かけて行きました。これには相手企業の担当者が涙を流して喜んでくれたそうです。そのことがキッカケで多くの取引先を紹介していただき、新たな道が生まれました。それからはこれ以上厳しい状況はないと前向きな考えを持ち、さまざまな事に挑戦をして、多くの技術習得に至りました。このようなことから「出来ない物はない」を合言葉に今現在も努力、チャレンジしています。

事業に対しては一貫したこだわりを持ち、厳しい自分流哲学を貫いていましたが、もう一方では人間関係を大切にし、自分に関わる人々をとても大事に思う、人情味あふれた優しい人でした。子供の頃から好奇心が人一倍強く、人を喜ばすことが大好きだったこともありいろんな事にチャレンジしていました。まだまだ多くの夢を持ちつつも平成17年8月55才の若さでこの世を去りました。

中林久幸の意志を継ぎ、真のプロフェッショナル企業であるために、お客様にご満足頂ける製品をお届けする為にも日々努力し、夢を追い続ける企業でありたいと思います。

ご相談・お見積もりはこちらからどうぞ

電話番号0854-49-6112 営業時間8:00-17:00 当社規定の休業日を除く

お問い合わせフォーム
PAGE TOP